iPhoneをお店で修理してもらうデメリットは?

修理費用は想定外の出費に

iPhoneをお店で修理してもらうデメリットですが、修理費用が発生する事です。他の電子機器に比べて、修理費用は比較的リーズナブルです。ただし、それでも画面割れやパーツ交換、水没故障などの相談をすれば数万円のコストが発生します。節約生活を意識するユーザーには、正直言って手痛い出費です。

iPhoneは突然壊れる事が多く、当然修理費用を予め別途お財布に用意しておくことはできません。そのため、修理店を利用すれば数万円、紙幣がお財布から飛んでいき、例えば月末の支払いがピンチになったり、欲しかったゲームソフトやファッションアイテムを我慢しなければなりません。修理費用はお店によって異なりますが、同じ症状の場合、持ち込むお店を変えても、それ程修理費に金額差は感じられません。

お店の評判は予めよくチェック

大多数のiPhone修理店は誠実に商売を営んでいます。繁盛しているお店は、それだけユーザーの信頼を集めています。ただ、ごく一部に低品質なサービスを提供する修理店があるのも事実です。コストパフォーマンス抜群な修理費用で、iPhoneのメンテナンスを請け負っており、費用対効果を重視するユーザーにはとても魅力的に映ります。しかし実態は安かろう悪かろう、です。修理費用がいくら安価だったとしても、修理が正しく行わなければ本末転倒です。

粗悪なパーツで修理が行われたら再びいつ壊れるか分かりません。また低品質な部品に交換されると、発火やデータが壊れるリスクも高まりますので、評判の悪いお店はいくらお得感が強くても避けた方が良いでしょう。予めネットや友達の口コミを聞き、お店自体の品質や信頼性を確かめるのが大事です。

iphone6sの修理はリーズナブルな料金で依頼できる店があります。また、事前に電話やメールで予約を入れておくことが可能な修理店が多いです。