iPhoneを自分で修理するデメリットは?

メーカー保証がなくなる

インターネットを調べれば、iPhoneの修理を説明するウェブサイトや動画をたくさん見つけることもできます。そして、iPhoneの修理に利用できるパーツを販売しているオンラインショップも数多く存在しています。もしも、それらを見て自分でもやってみようと考えるのなら、メーカーの保証が切れていないかきちんと確かめるようにしましょう。その理由は、分解してしまうとメーカーの保証が受けられなくなってしまうからです。今回は自分で直せても次も直せるとは限らないので、保証が残っているのならメーカーに頼んで修理してもらいましょう。無料で直してくれるケースも多いので、自分で修理を考えていても、保証期間内ならまずはメーカーに問い合わせたほうが無難です。

必ず直せるとは限らない

修理店やメーカーにお願いをすると、余程の故障でなければ、使える状態になってiPhoneが戻ってきます。しかし、自分で直す場合は修理できる確率がグッと下がるので注意しなければいけません。まず、故障したと考えていた箇所が、本当に故障しているとは限らないです。見当違いなパーツを交換しても直ることはないので、手間や購入費用が無駄になってしまうこともあります。そして、自分で修理をしたことによって、別の箇所に故障が発生してしまう可能性もあるのです。特に初めてiPhoneを分解するのなら、方法を間違って、配線を切断したり基板をショートさせたりするかもしれません。そうなると、場合によっては専門家でも修理が不可能になるので気をつけましょう。